書籍

好きな事を仕事にする

編集という仕事に興味を持って、これから求人を探していくというのであれば、事前もしくはそれと同時に求人先の情報を集めておかれるといいでしょう。インターンシップや支援サイトを利用することも有益ですので、積極的に行動を起こしていきましょう。

詳しく見る

メンズ

携帯電話の未来に関して

携帯ショップで働きたいと願う若者が増えていて、求人の数も右肩上がりに増えています。ITに強さを発揮する人材が必要とされていますし、確かな営業能力が求められています。次々と新しい機種が出るので、それに対応出来るスキルが重要です。

詳しく見る

転職者の積極的な就職活動

NEW JOB

終身雇用が当たり前だった時代とは違い既卒者が就活に望むことが珍しくなくなった近年、雇用形態が多様化しています。新卒者も一度入社したら生涯勤めあげるのではなく、入社して数年で退職する人もいます。また、既卒者の中には、仕事を探しながらスキルを磨いているという人もいます。

詳しく見る

増える求人数

ウーマン

秘書やアシスタント職は、派遣社員や契約などの非正規で雇用することが主流でしたが、最近は正社員化が進んでいます。秘書と言っても企業やアシストするボスによって業務は異なってくるので求人票をしっかり確認しましょう。

詳しく見る

大衆への理解が大切

本

クリエイターと一緒に作品を作るというイメージが強い編集の仕事ですが、求められているのはそれだけではありません。編集の求人に応募しようとする人は、仕事を正しく理解して、時には制作を諦めなくてはならない場合もあることを知っておく必要があります。

詳しく見る

条件や必要なスキル

女の人

採用されるためには

秘書になるためには必ず必要な資格やがあるわけではありません。企業によって求めている能力が異なってくるのです。秘書検定などを所持していれば多少有利になりますが、それよりも大切なのは経験です。正社員で秘書として働きたいと考えているならばまずは求人サイトを利用して秘書の仕事をピックアップしてみてください。基本的に正社員として募集しているところが多いのですが、中には他の形態で採用している企業もあります。正社員で仕事を探す場合は月給だけではなく、その他の条件も必ず確認しておくべきです。特に昇給、賞与、休日などに関しては正社員になる時に欠かせない比較ポイントでもあります。また、それ以外にも企業ならではの福利厚生がついている場合もありますので面接時に確認しておきましょう。以前は求人雑誌などから自分で仕事を見つけて企業に直接連絡をするという形が取られていましたが、最近では求人サイトと提携してサイトから直接専用ホームを利用して求人に応募することができる仕組みがとられています。転職サイトや求人サイトに登録していれば企業側からのスカウトも期待できますので、効率的に仕事探しを行い方は行いたいと考えている方はこのようなサービスを利用してみてはいかがでしょうか。現在仕事をしていて平行して転職先を探す場合は余裕を持って転職活動を行った方がスケジュールも組みやすくなります。プランを立てて転職活動を行ってみてください。

Copyright© 2017 秘書の正社員を目指して!必要なスキルと資格とは All Rights Reserved.