転職者の積極的な就職活動

NEW JOB

就きたい仕事を探す熱意

かつて、終身雇用が当たり前だった時代に勤務途中で退職するには家庭や健康に何らかの事情のある人が多く、何となく後ろめたい気持ちがあったはずです。また、仕事や職場の対人関係等に悩んでも我慢する人が多かったため、退職する人がいても人数が多かったわけでありません。このような時代には求人市場が新卒者の求人募集する春に集中していたため、既卒者が再就職先を見つけようとしても就活が簡単でありませんでした。しかしながら、雇用市場に規制緩和が始まり、正規雇用の他に派遣社員やアルバイト等、様々な働き方が増えてくると求人側は新卒者の定期採用だけで対応できない事情が持ち上がってきました。規制緩和が始まると国内外の同業者間で製品の販売競争が激化して、経費節減の必要性が高まったわけです。そのため、求人企業が人件費の高い正規雇用より業務多忙な時だけ採用できる非正規雇用で経費節減を図る道を選ぶようになりました。また、時を同じくして、有名な上場企業でさえも新卒者が就職しても2,3年で3割程度が退職してしまう風潮が高まってきたわけです。毎年、この傾向が続いた結果、こういう経歴の既卒者、いわゆる第二新卒が雇用市場に次々と現れて就活を始めたわけです。こうして、求人側、求職者側双方の事情がウイン〜ウインの関係でつながってきました。新卒者の定期採用時期に併行して既卒者の就活がスムーズに行われるようになり、転職する人が増えましたが、非正規雇用が急増する事態につながりました。最近では転職が珍しがられる時代でなくなり、既卒者の中には自分の働きたい仕事にたどり着くまで就活と転職を繰り返してスキルを磨く人も珍しくありません。

Copyright© 2017 秘書の正社員を目指して!必要なスキルと資格とは All Rights Reserved.