大衆への理解が大切

本

作る喜びだけではない

編集という仕事はクリエイティブな一面がある一方で、その創作物をビジネス的な見地から利益を生むものかどうかを判断する力も必要となります。作品を作るという仕事でありながら、時にはクリエイターに厳しい提案をしなければならないこともあります。編集の求人に応募しようとする人は、自分がどのような人間なのか、きちんと自己分析をする必要があります。たとえば、本が好きだからといって出版社の編集者に向いているかといえば、一概にそういうわけではありません。クリエイターの意向とビジネスの現実は必ずしも一致しない場合があります。そのようなときに編集者は、愛するクリエイターの作品の内容に口を出したり、あるいは出版を取りやめたりしなければならないこともあるわけです。よって、自分が作品を楽しむという心を持つと同時に、多数の人間を巻き込むという力量がなければ、良い仕事はできません。作品の世界にのめり込んで、自分だけの空間でその娯楽を楽しむというオタク気質の人は、求人に応募する前に冷静な判断が必要です。クリエイティブな気質を持ちつつ、マーケティングや企画力も必要というわけです。ただ、それらがすべて功を奏して作品がヒットした場合は、世界を巻き込んでのブームの火付け役になれるという魅力も編集の求人にはあります。すべてのヒット作はあらゆる壁を乗り越えて、生み出されたものがほとんどです。編集の求人に応募する人には、忍耐力や努力といった泥臭い一面を覚悟しつつ、それらを超えて作品を世に伝えたいと思える意志を持つことが求められます。

Copyright© 2017 秘書の正社員を目指して!必要なスキルと資格とは All Rights Reserved.